大会長挨拶

大会長顔写真




第15回日本総合歯科学会総会・学術大会
大会長 木尾 哲朗
九州歯科大学 口腔機能学講座 総合診療学分野

ご挨拶

 令和4年(2022年)11月5日(土)・6日(日)の2日間、第15回日本総合歯科学会総会・学術大会を北九州市にて開催いたします。九州歯科大学総合診療学分野が担当いたします本大会のメインテーマは「総合歯科医の省察 Reflection as Dental Professions」です。総合歯科医として臨床行為を含むさまざまな事象を振り返り、これからの目標を明らかにしていくことを考える大会にしたいと思っています。

 特別講演は、久藤 元氏(九州歯科大学副理事長・元米国安川電機会長)に戦略的な省察の意義についてご講演いただきます。教育講演Ⅰは「全身をみる、生活習慣(態癖)を診る」と題して患者から得られる情報の見方について木下俊克先生(きのした歯科クリニック院長、九州歯科大学臨床教授)に、教育講演Ⅱは「総合歯科医が知っておきたい摂食嚥下の基礎知識」と題して藤井 航先生(九州歯科大学多職種連携推進ユニット教授、附属病院口腔リハビリテーションセンター長)にご講演いただきます。シンポジウムは「治療症例に学ぶ Reflection on Clinical Action」と題して、4名の歯科医の方々に診療行為の場面を振り返って得られた新たな発見や気づき、そして今後の展望についてお話ししていただき、皆さまと意見交換をしたいと思っています。

 本大会は、「現地開催」と別に「オンデマンド開催」を準備いたします。ここ2年ほどコロナ禍により現地開催ができない状況でしたが、参加者のほとんどが歯科医療人であることを考慮し現段階でできる感染防御策を講じ、さらには参加人数の制限などのご理解をいただいたうえで、皆さまとお顔を合わせて討論できる場が実現することを切に願っております。北九州での現地開催にお越しいただくのが難しい方は、ぜひともオンデマンドへご参加くださいますようお願いいたします。

 なお、大会までの間に新型コロナウイルス感染拡大等の不測の状況が生じた場合は、開催方法等について適宜判断、更新してまいりますので、折に触れてホームページでご確認くださいますようお願いいたします。多くの皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

タイトルとURLをコピーしました